高校の時別れた大毅と成人式で再会した話

 

 

 

おはこんちばんは!

思ったことブワァーします!

高校生活大毅と青春したい!

でも別れてちょっと切なくなりたい!

でもまだ大毅とは一緒にいたい!

 

 

 

 

 

 

そんな方にオススメ(?)のブログはこちら!

タイトルの通りなので早速書いていきまーす!

 (なんか予想以上に長くなったから注意やで)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高2の春、一緒のクラスになった大毅と委員会が同じになったことから仲良くなり付き合うことに。でも別れるんだよね〜……まぁ高校生の恋愛って所詮こんなもんじゃん(偏見)話はしょりすぎたけど許して。

 

 

時は過ぎて20歳。もうすぐ成人式だねーなんて友達と話してたら「卒業してからアイツと話したりしてる?」って聞かれるんだけど、あぁ大毅のことかって気付いて「卒業してから話してない」って答えるの。まぁ別れてからも同じクラスだったし最低限のことは話したりしてたけど、卒業してからはめっきり。わたしライン変えたしね。そしたら「あーそうなんだ でも成人式で会っちゃうかもだよね」って言われてハッとした。そうじゃん大毅もいるじゃん。中学は違うけど同じ市に住んでたからいるじゃん。すっかり忘れてたよ。「まぁ会わないかもしれないし!他の中学校いっぱいあるしね!そういえばさ〜〜」って話変えたけどほんとうは不安だったの友達にはバレてるんだろうな。 (式は中学のクラスごとだけどクラス会は高校のやつに出るよめんどくさい設定ごめんな)

 

 

 

もうその日から「本当に会ったらどうしよう!大毅が忘れられなくて今まで彼氏作ってませんとか引かれるよね…また普通に話せるかな?いや話すことある?どうしよう!!成人式行きたくない…でも会わないかもしれないし…」って気持ちでいっぱいになるんだけど当日バッチリ決めた私がいた。なんだこれミステリー!

 

 

 

成人式当日、久しぶりに会う友達と仲良く話したり成人式終わった後写真撮ったりしてたら野球部何人かで集まって話してる大毅見つけちゃった〜〜!!「ねえあそこにいるの大毅だよね?????私が見間違えるわけないよね???どうしたらいいかな?????」って興奮して友達に話しかけてたら「ちょ、あんた、うしろ」って言われて「ん???」ってなってたら肩トントンされて振り返ったら「よっ」って笑ってる大毅がいたんだ!!!!!!!!!心拍数が急☆上☆show!!!!

 

 

 

「そのマヌケヅラ変わらんなあ」って笑う大毅に「久しぶりに会ったのにそれ?」って肩パンしたら (あれ?わたし普通に話せてる)って大毅といると自然でいれることに気付くんだよね。「ごめんて(笑)ほんま久しぶりやな!高校のクラス会来るやろ?じゃまた後でな」って颯爽と去っていく大毅の後ろ姿見ながら呆然と立ち尽くしちゃう。相変わらずかっこいいなこの野郎!

 

 

 

クラスでの飲み会、みんなに囲まれてる大毅を「やっぱり大人になっても変わらない大毅はみんなから好かれるのも変わらないんだなー」なんて思ってたら隣座ってきて「お前って酒弱いん?」って図星なこと言われるから「なんでわかるの?」「顔赤くしてちびちび飲んでるの見とったらわかるわ(笑)」って言われて!さらに!「一緒に抜けへん?(笑)」って意地悪な顔して言うからもうついていくよね(尻軽)

 

 

 

「いいの?みんなに話しかけられてたのに抜けちゃって」って外の涼しい風にあたりながら歩いてて「あー別にちょくちょく会ってたやつらやしな」「そうなんだ ていうか大毅かっこよくなったねえ」「前がかっこよくなかったみたいな言い方やん」「うーん」「本気のやつやめろ(笑)」「うそうそ!ごめんて」って笑い合うんだ(泣)そしたら急に立ち止まって「お前とまた話せるとか思ってへんかった」って振り返って言う(画像参照)(かっこいい大好き)

f:id:irisd:20170903002411j:image

 

 

 

「高2の時さ、俺から振って……やっぱなんでもないわ!ごめんな!お前電車やろ?終電やし帰ろか」「...…帰りたくない」「ん?どした?」「だから!帰りたくないの!!」「…え?」「ほんとこっちは大毅に振られてさ!嫌な奴!って忘れたかったよ!!!!けど何年も忘れられなくて大毅のせいで彼氏もずっとできてないっつーの!!!!今日せっかく会えて嬉しかったのにこのままハイ帰るなんてやなんですけど…」もう酔ったせいにして言っちゃえ!って泣きそうになって言ったら「ほんまごめん………」って言われるから(あーほんとにもう これはキッパリ諦めてくれって言われるやつだって思ったら「俺もな ずっと忘れられんかった、ほんまに振ったこと後悔しててん、ずっと。お前から言わせてごめんな。」って抱きしめてくれるから泣いた。腕の力緩めた後、「もう一回、俺と付き合ってください」って告白してくれて、ハイ以外の返事はないです。

 

 

 

「良かったーーー今日連絡先だけ聞こう思っててん、お前全部変えたやろ?」「は?前に進もうと思った結果だし!文句言うならまず振らないでよ!」「あーー俺これ一生言われ続けるやん(笑)」「一生言うし」「おーこわ!」「うるさ」「なぁ、お前終電逃したけど…うちくる?」「いくいくー!じゃないわ物ないし行けない」「コンビニで買ったらええやん ほな行こ」「え?待って」って言っても聞こえてないみたいで、どんどん進んで行くから泊まり確定しました。

 

 

 

「部屋片付けておけばよかったわー」って言いながらリビングの電気つけてたけど、「片付いてるじゃん!綺麗好きなのも変わらないね」って言ったら嬉しそうに照れ笑いするから可愛い。先にお風呂入るのもなんだし後からお風呂入るんだけど洗面所の棚に女の子のクレンジング見えちゃって、お風呂上がってから(大毅にTシャツ借りた)「大毅って簡単に女の子あげるんだ」なんて可愛げのないこと言ったら「は?彼女以外連れ込まへんけど」ってご機嫌斜めになっちゃう大毅に咄嗟に謝るけど聞いてくれなくてシュンとなる。そしたら大毅が「こっちきて」って足の間指差すから座ったら「ごめん 不安な気持ちさせたな?棚のやつやろ?あれ姉ちゃんのやから」「私もごめん 可愛げないこと言っちゃった」「ほんま素直やない(笑)」ってなんだかんだ笑っちゃっておでこにチューされて「もう寝よか」ってベッドに行ってナニするでもなくただ腕枕してくれて、あんなに緊張して成人式来る日待ってたのに、予想もしてなかった展開に幸せな気持ちで寝られるよ♡おしまい♡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ほんとうに勢いで書いてしまった!

 こんなビミョーで長い話最後まで読んでくれた方いるかな?って感じだけどここまで読んでくれた方には私のスティッチモノマネの動画あげます。好きです。

後でナニした話と出会いと別れ編出そうかなーーと思ってるのでクソ暇な時にでも見てやるかみたいな感じで見てください(笑)

ありがとうございました!